秋に起こるアレルギー対策には窓のコーティング

窓ガラス
春だけではなく夏や秋にも、アレルギー症状は出るものです。
たとえば、夏から秋にかけて飛散する花粉の中には、キク科のブタクサやヨモギなどがあります。
特にブタクサは、私たちが普段からよく足を運んでいる道端や河川敷、また空き地など至る所に分布しています。
そのため、秋の代表的なアレルゲンともなっています。

これらの花粉が原因で、アレルギー反応を引き起こすことが多いと言われているのです。
また秋には、こうした花粉以外に別のアレルゲンによってアレルギー反応を起こすことがあります。
その代表的なものが昆虫です。
たとえば秋は、ゴキブリなどの昆虫アレルゲンが非常に多くなる季節であると言われています。
これらの昆虫の死骸が粉状になり、それを知らず知らずのうちに吸い込んでしまって、アレルギー性鼻炎などの反応を引き起こすことがあるのです。
そこで、アレルギー対策としてたいへん効果的なのは、元となるアレルゲンを徹底的に除去することです。
たとえば、ダニがアレルゲンとなっているのであれば、室内をきれいに掃除することが大切です。
カーペットや布団、また枕などにダニが住みつかないようカバーをかけるなどして工夫することが必要です。

実際に、秋の花粉や昆虫といったアレルゲンを室内から除去するのにたいへん効果的なものがあります。
その一つが、窓ガラスに施すコーティングです。
この種のコーティングにも幾つかの種類があります。
たとえば、花粉やダニ、またダニの死骸などを分解除去する効果のある、特殊なコーティング剤を窓ガラスに施すことです。
それだけでアレルギーの元となるアレルゲンを分解除去することができます。
それによって、室内の空気を新鮮なものに保つことができるのです。