犬やねこに関するアレルギーの原因と対策

住環境の変化に伴い、室内でペットを飼育するようになって、犬やねこに対してアレルギー反応を起こす人が増えました。
犬やねこのアレルギーでは、原因がいくつかあります。

まず体毛です。
多くの場合は、毛を持っているので毎日抜け落ちます。
この毛はこまめに掃除をしても、完全に排除することができません。

次にフケもアレルギーを引き起こします。
フケ防止には皮膚を清潔にすることが大切ですが、頻繁にシャンプーを行うと、皮膚を傷付ける恐れがあります。
唾液は犬やねこが飼い主を舐める行為を止めるようにしつけることで、防げるアレルゲンです。

そして尿は人間の体に触れることが少ないですが、ねこは発情期に入るとマーキングをするので、注意が必要になります。
アレルギーを持っている子どもは、清潔すぎる環境が原因とも言われます。
犬や猫の口腔内には、グラム陰性菌という細菌が存在しています。
子どもが舐められるなどして細菌が繁殖すると、アレルギー反応を起こしにくい体質に免疫システムが変わるという考えがあります。
ペットによってアレルギーのリスクを軽減させることができます。
よってアレルギーでもペットを飼い続けることは可能です。
むしろ、ペットを失ったストレスで余計に免疫システムに悪影響を与えることを第一に避けるようにします。

対策としては週に1回はシャンプーをします。
濡れた温かいタオルを使って優しく吹き上げると、毛についたホコリやフケを落とすことができます。
ペットと一緒に寝ると常にアレルゲンに触れる環境になるので、寝室はペットが入れないようにします。
さらに犬では、ウエストハイランドホワイトテリアなどは皮膚病にかかりやすいので、これから犬種を選ぶ場合は、避けた方が良いです。