ストナリニのZとSの違いは?

ストナリニZとストナリニSはどちらも佐藤製薬株式会社から発売されている飲み薬で、アレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を抑える効果を持ちます。アレルギー性鼻炎にはダニやハウスダストの影響で発症する通年性アレルギー性鼻炎と、花粉がアレルゲンとなって起こる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)がありますが、ストナリニZとストナリニSはどちらのタイプの鼻炎にも効果が期待出来ます。

ストナリニZとストナリニSの違いについては、ストナリニZはセチリジン塩酸塩、ストナリニSはマレイン酸クロルフェニラミンと塩酸フェニレフリン、ダツラエキスが有効成分となっていることが異なる点です。ストナリニZに含まれているセチリジン塩酸塩の方が新しい成分となっており、第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。それに対してストナリニSに入っているマレイン酸クロルフェニラミンは第1世代の抗ヒスタミン薬であり、古い時代に開発された薬であるという違いがあります。

ストナリニZの有効成分になっているセチリジン塩酸塩は比較的効果が出るのが早いという特徴があり、くしゃみや鼻水への改善効果が高いのも良い点です。それ以外に鼻づまりなどを改善する働きも持つので花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の症状を早く抑えたい時に便利な薬と言えるでしょう。また、セチリジン塩酸塩は持続時間が長いというメリットがあるため、ストナリニZは1日1回就寝前に飲めば良いという点も便利です。

他に、セチリジン塩酸塩が含まれているストナリニZの魅力的な点としては、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて口の渇きや排尿障害といった副作用がほぼ起こらないということが挙げられます。それに加えて眠気の副作用が第1世代の抗ヒスタミン薬より起こりにくくなっているという点もストナリニZとストナリニSの違いになります。

ストナリニZとSはドラックストアで購入できる?

ストナリニZやストナリニSは佐藤製薬株式会社から出ている市販薬なので、ドラッグストアで購入可能です。この2つの薬はどちらも第2類医薬品に分類されている市販薬であるため、ドラッグストアに行けば面倒な手続きを行わなくても買えるのが便利です。

鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こり風邪とは違うなと思った時に、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎が疑われるならドラッグストアでストナリニZやストナリニSを購入して治そうとするのも良いでしょう。その時に自分の症状がアレルギー性鼻炎なのかがよくわからないなら、薬剤師に相談してみるのもおすすめです。病院に行く暇が無い人でもドラッグストアならこれらの薬を買いやすいので、つらい症状を長時間我慢せずにストナリニZやストナリニSで対処してみてはいかがでしょうか。

ところで、ドラッグストアでストナリニZとストナリニSのどちらを選べば良いのかを迷ったなら、口の渇きや排尿障害、眠気などの副作用が起こりにくい方を選びたい人はストナリニZが向いていると言えるでしょう。薬はそれぞれの人との相性もあるため、人によってはストナリニSの方が花粉症などの症状が強く抑えられる効果が感じられることもあります。そのため、全ての人にストナリニZの方がおすすめとは言えませんが、薬を飲んで眠気が出るのが困るという人はストナリニZを選ぶ方が安全だと言えるでしょう。

通年性アレルギー性鼻炎や花粉症になると、鼻水や鼻づまりに苦しめられて仕事や勉強に集中出来ないといった悪影響が起こります。そこで、これらの病気になってしまった時は早めにドラッグストアでストナリニZやストナリニSを購入して症状の改善をはかってみると良いでしょう。ドラッグストアなら遅い時間まで営業している所もあるので、ストナリニZとストナリニSは多くの人が利用しやすい薬と言えます。