アレルギーの症状があらわれる原因

花粉

アレルギーとは、免疫反応が自分の体に不利に働いて起きる病気で、体を守るはずの免疫システムが、結果として危害を与えてしまうことをいいます。
具体的には、アレルギー症状を引き起こすアレルゲンという抗原が体内に侵入するところから始まります。
アレルゲンを攻撃するため、免疫細胞が化学伝達物質であるヒスタミンを放出します。
それがH1受容体に結びつくと、さらに免疫反応が進み、アレルゲンへの攻撃が始まります。
その際に人体に有害な反応として現れるのがアレルギーの症状というわけです。

アレルギーの原因となる抗原のことをアレルゲンと言います。
花粉やダニ、食品や薬物などさまざまなものがアレルゲンとなりえますし、また症状も人によって異なります。
アレルゲンが体内に入ってくると、IgE抗体というタンパク質が作り出され、皮膚や粘膜に多くある細胞の表面に張り巡らされています。
ふたたびアレルゲンが進入してきて、このIgE抗体に結合したときに、ヒスタミンなどの化学物質が一気に放出され、かゆみなどの症状が現れます。

アレルギーの4つのタイプに分かれる

アレルギーには、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型と4つのタイプがあります。
ほとんどの場合がⅠ型というタイプで、花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息や食物アレルギーなどが代表に挙げられます。
花粉やダニ、食物アレルギーなど日常的に接しなければならないものにアレルギーを持つ人も少なくありません。
原因も理由もよく解明されていないアレルギーもたくさん存在します。
特に現代の子供たちは、泥や動物といったものに慣れ親しんでいないためか、免疫力が正常に獲得できていないことから症状を発症するとも言われています。
また、意外と知られていませんが、チョコレートやビール、紫外線などによっても症状を発症する場合もあります。
何かおかしいと感じたら、早めに専門の医療機関にて診断を受けるようにしましょう。

ザイザルを服用してアレルギー対策

薬を飲む女性

レボセチリジン塩酸塩を主成分とする抗アレルギー薬にザイザルという治療薬が存在します。
花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、アレルギー性の皮膚炎などの治療に用いられます。
ザイザルにはヒスタミンH1受容体に対して拮抗作用があるのです。
アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが放出された時、H1受容体と結合するのを阻害してアレルギー症状の発生を抑えます。
ザイザルの特徴として、吸収効率がよいので効果が早く現れるので即効性があるという点があげられます。
薬の効果が24時間続くため、予防薬としても使われ、1日の服用回数も1回で済みます。

成人が飲む場合、1回1錠を1日1回就寝前に服用します。
服用量は5mgで、量は症状により増減されますが、1日の最高服用量は10mgまでとなっています。
7歳以上15歳未満の小児の場合は、1回に1錠の半分(主成分2.5mg)を1日2回、朝食後と就寝前に服用します。
飲み忘れた時は2回分を一度に飲むような事はしてはいけませんので、1回分飛ばして服用するようにしましょう。

ザイザルは副作用が少ない薬とされます。
軽い副作用に、眠気や頭痛、疲労や倦怠感、口が渇く、吐き気・食欲不振などが報告されています。
アルコールとの併用は禁止されています。
飲酒によって眠気や倦怠感などの副作用が強まる可能性があるので注意して下さい。
また、眠気を引き起こす事のある薬のため、自動車の運転や精密機器を扱う作業など、危険を伴う機械の操作は避ける必要があります。

重大な副作用としては、アナフィラキシー症状や呼吸困難、血圧低下、けいれん発作などがあります。
皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状が出た時は肝機能障害が起こっています。
他にも鼻血や歯ぐきの出血、血小板減少による皮下出血などが確認されています。
これらの症状が副作用として現れるのは非常にまれです。
ですが、もしも重篤な副作用が発現した場合には、担当の医師または薬剤師、専門の医療機関に問い合わせるなどすぐに相談して下さい。

ザイザルのジェネリック医薬品もオススメ

処方薬を持つ医師

ジェネリック医薬品は同じ成分と効果を持ちながら、安く入手できる薬のことです。
新薬の特許期間が終わり、厚生労働省から承認されて製造販売されている薬品です。
ザイザルのジェネリック医薬品にはクレブロスやレボリッドといった薬が存在しています。
しかし、これらの薬は日本の厚生労働省にまだ承認されていません。
そのため、正規のジェネリック医薬品とは言えないのです。

クレブロスやレボリッドはザイザルと同様に、花粉症や蕁麻疹、皮膚炎など様々なアレルギー症状に効果があります。
ただ単にアレルギーに対して効果が高いだけではなく、副作用が非常に少なく、眠気も感じない人が多い薬として知られています。
効果もザイザル同様24時間続くため、成人の場合、5mgを1日1回の服用で十分です。
肝障害のある方や高齢者の場合は血中濃度が持続してしまう恐れがあるため注意が必要な点もザイザルと同じです。
妊娠または授乳中の場合、他に薬を服用している方は、飲み合わせもあるため、医師に相談する必要があります。
眠気を催すことは少ないとされていますが、まれに眠気を強く感じてしまう方もいるため、注意が必要です。
また、ザイザルとは別にアレロックのジェネリックなども販売されています。元々のアレロックは即効性が特徴ですがジェネリックのアレニルももちろん同じ効果です。

ザイザルは2010年に販売された抗アレルギー剤で、一番新しい薬となるため、ジェネリック医薬品は厚生労働省にまだ承認されていません。
そのため日本では手に入れることはできないのです。
最近では、インターネットを通して、個人輸入でこれらのジェネリック医薬品を入手する人が増えてきています。
病院などの専門の医療機関で診断や処方が必要なく、薬代だけで手に入れられるため経済的にお得だとして利用されています。
海外から個人輸入で医薬品を購入する場合、偽物であるリスクが付きまといます。
ですが、信用できるwebサイトの個人輸入代行業者などがあれば利用してみても良いでしょう。